春めいてきました

令和3年4月7日(水)

4月に入り、暖かくなってきました。

普段から、理事長室前の庭を、用務員の萬田さんが手入れしてくれています。

中央にある「枝垂れもみじ」と、他の木々とのコントラストが素敵です。

「枝垂れもみじ」の花言葉には、「遠慮」、「自制」、「節約」などがあるそうです。

人間が生きる上で、「遠慮」と「自制」は、とても大切ですが、実行できる人は少ないように思います。

社会福祉法人として、地域に愛され、地域に貢献できるよう、これからも努力してまいります。

 

文責:総務課 星山

 

令和3年度辞令交付式・入職式

令和3年4月1日(木)

令和3年度中途採用職員・人事異動職員の辞令交付式、令和3年度新入職員入職式を開催しました。

6名の中途採用職員と、6名の人事異動職員に辞令を交付しました。

今回、入職した職員も、異動する職員も、今日の笑顔を忘れずに頑張って欲しいと思います。

 

令和3年度入職式

2名の新入職員が西日本至福会の仲間に加わりました。

冷牟田理事長から辞令を受ける新入職員

冷牟田理事長から新入職員に対して、「西日本至福会の歴史、現状と今後」について講義がありました。

メモを取りながら真剣に聞いています。

牟田理事から、「社会人としての心構え」についての講義。

新型コロナウイルスの影響がある中、無事に入職式を開催することができました。

ソーシャルディスタンスを守り、アクリルパーテーションや空気清浄機を使用しての開催でしたが、出席者の素敵な笑顔を見ることができました。

今後も法人が大切にしている「笑顔」を、もっと増やせるように職員が一丸となって頑張ります。

文責:総務課 星山

第164回理事会開催

令和3年3月24日(水)10:00

第164回理事会が開催されました。

 理事の方々が出席した証として、マスクを外して写真撮影を行いました。アクリルパーテーション全員分、除菌機能付き空気清浄機を使用し、感染予防対策を十分に行っています。

開会に先立ち、冷牟田理事長からの挨拶

 3つのことを、ご報告いたします。

 まず一つ目がPCR検査の実施と結果についてです。

 1月10日から各施設で、職員のべ400名、入所ご利用者90名、合せて490名の方がPCR検査を受けました。その結果いずれも陰性で、今のところ感染者は出ておりません。

 二つ目が新型コロナウイルスワクチン接種についてです。

 接種についての具体的な時期や方法は、まだ行政から通達が来ておりませんが、4月中旬頃には、高齢者・医療福祉従事者が順次接種となる見込みです。

 これに関連して、早めに状況を把握して、希望者にはすぐにでも摂取できるよう迅速に対応してまいります。

 三つ目は、今後の運営についてです。

 来年度も安心・安全、そして安定した法人運営をさらに強化して、職員一丸となって、頑張る所存でございます。

 引き続きのご理解とご協力をお願い致します。

冷牟田理事長が議長に選任され、議案の審議が行われました。

 今後も、理事会や評議員会等の内容を掲載し、クリーンで開かれた法人運営の様子をお伝えさせていただきます。

今回の理事会で使用した空気清浄機です。

今後も、法人・施設として、できる限りの感染予防対策を取ってまいります。

 

文責:総務課 星山

枝垂れ梅が咲きました

今年も理事長室の「枝垂れ梅」が咲きました。

枝垂れ梅の花言葉は、「高潔」、「忠実」、「忍耐」とのことです。

寒い中で美しく咲くには、「忠実」であることや「忍耐」が必要なのですね。

新型コロナウイルスによる緊急事態宣言が発令されています。

皆で耐え、工夫すれば、以前のような当たり前の生活を取り戻し、奇麗な花が咲くでしょう。

文責:総務課 星山

九州女子大学キャンパス企業セミナーに参加(WEB開催)

令和3年2月3日(水)

九州女子大学キャンパス企業セミナーに参加させていただきました。

九州女子大学様には、毎回お声掛けいただき参加させていただいております。

今年は、新型コロナウイルスによる緊急事態宣言が発令されているため、WEBでの開催・出席となりました。

このような状況でも、学生のみなさんが真剣に説明を聞いて下さいました。

本当にありがとうございました。

学校法人福原学園 九州女子大学関係者の皆様、心より感謝申し上げます。

 

文責:総務課 星山

令和2年 社会福祉法人西日本至福会本部 仕事納め式

令和2年12月28日(月)

社会福祉法人西日本至福会本部「仕事納め式」を行いました。

 冷牟田理事長から、「今年は、新型コロナウイルスによる様々な影響が表れた年でした。健康には十分注意し、来年も笑顔で頑張りましょう。」との言葉がありました。

 

 皆さまにおかれましても、新型コロナウイルスによって、心が休まる時間が無かったのではないでしょうか。

 西日本至福会では、ご利用者と職員の安全と安心を守るため、日々努力してまいります。今後も、ご理解とご協力をいただきますよう、お願い申し上げます。

 西日本至福会本部は令和2年12月29日~令和3年1月3日まで、お休みをいただきますが、その間も常に施設と連絡が取れるような体制を取っています。

文責:総務課 星山

 

 

 

 

職員提案制度表彰式

令和2年11月30日(月)

令和2年度の職員提案制度表彰式が行われました。

今回は、介護老人保健施設サンフラワーズ北九州 介護科 安本介護主任が奨励賞を受賞しました。

左から冷牟田理事長、安本介護主任

安本主任から、「Web会議の導入について」という提案が提出されました。

新型コロナウイルスによる感染リスクを軽減させるだけではなく、交通費の削減、ペーパーレス化(記録のデータ化)の推進など、物事を様々な角度から見た提案でした。

左から長﨑事務長、冷牟田理事長、安本介護主任、園田施設長

 

社会福祉法人西日本至福会では、職場環境の改善に対して職員提案制度の活用を推奨しています。

文責:総務課 星山

 

介護用見守りセンサーのデモンストレーション (株)ツカモトコーポレーション

令和2年11月17日(火)
介護用みまもりセンサー(Algo Sleep)のデモンストレーションを実施しました。
商品のご紹介いただいたのは、当法人グループ企業である、株式会社サンシャインチトセから紹介いただきました、株式会社ツカモトコーポレーションの取締役 エイム事業部長 齊川 様、新規事業準備室 主任 小林 様です。

左から、株式会社サンシャインチトセ 眞武 会長、株式会社ツカモトコーポレーション 齊川 部長、小林 主任、株式会社サンシャインチトセ 阿部社長

ご紹介いただいたのは、低周波マイクを使用して呼吸、心拍、体動などを感知して、スマートフォンに通知する、みまもりセンサーです。

睡眠解析機能もあり、睡眠の質についても判断できます。

IOT、ICTを使用した介護用品は日進月歩で進歩しています。

このシステムを使用することで、遠隔地でも見守りをすることができるとのことでした。

社会福祉法人西日本至福会では、さまざまな介護用品に触れ、ご利用者と職員の安全・安心について検討を続けます。

文責:総務課 星山

辞令交付式(昇格・異動)を行いました

令和2年10月1日

辞令交付式を行いました。

冷牟田理事長から5名の職員に対して辞令を交付しました。


昇格

小畑 賢太郎   軽費老人ホーム(A型)望玄荘        主任生活相談員

異動

嶌田 俊治      介護老人保健施設千寿中間         看護員

池本 賢嗣    介護老人保健施設サンフラワーズ北九州   看護員

荒川 文香    軽費老人ホーム(ケアハウス)ゆうあい   介護員

中沢 佳代    特別養護老人ホームサンライズ北九州    介護員


文責:総務課 星山

第135回 評議員会開催

令和2年6月25日(木)10:00~

第135回 評議員会が開催されました。

開会前に挨拶をする冷牟田理事長

新型コロナウィルス感染症発生と対応策の報告についてや、法人の経営が概ね順調であることなどが報告されました。

今後すべきこととして、入所者の方が安心して、元の生活に戻れること。職員が安全に安心して仕事ができること。

その環境を一刻も早く取り戻すことだと思います。

そのために、あらゆる手立てを尽くし、皆様の不安を払拭できるよう努めて参ります。との話がありました。

令和元年12月20日に選任された、河本評議員の挨拶

評議員会の様子

議長に選任された安田評議員ご挨拶

慎重に審議が進みました。

人事について報告をする、白尾常務理事

令和元年度の決算報告、事業報告について、評議員の方から承認をいただきました。

ご利用者と職員が安全で安心して暮らすことができるよう、多くの方の目で、正しい法人運営ができているかを判断していただきます。

文責:総務課 星山